せつラボ 〜圏論の基本〜

せつラボ 〜圏論の基本〜

  • Digital
    1,000 JPY

※ 物理書籍版を購入すると、当本のダウンロードコードが付属します(巻末に記載)。送料が余分にかかりますが、お得です。 ## 紹介 女の子たちのゆるふわ、スタディノベル☆ 「数学……難しそう」「数学やりたいんだけど、手が出ない……」 『数学を全く知らない方』のための本です。 数学的な事前知識を全く仮定せず、最初から数学を学んでいくことができます。 - 数学って……? - 圏論? Haskell?? - どんなところが楽しいの? 読みやすい対話形式。 数学への初めての入門を、手引きします。 - - - - - サンプルpdfはこちら 👉 https://aiya000.github.io/images/posts/2019-03-16-techbookfest6/sample.pdf 内容チラみせ 兼 進捗ノート はこちらです 👉 https://shinchoku.net/notes/40263 - - - こちらは電子書籍の販売になります。 物理書籍をお求めの場合は、下記URLにアクセスをお願いします。 https://aiya000.booth.pm/items/1316747 - - - ## 目次 - 第1章 登場人物 - 1.1 η(えーた) - 1.2 μ(みゅー) - 第2章 (前書き) - 2.1 付録・Web正誤表 - 第3章 始まり - 3.1 せつめいするラボ - 3.2 圏論とは何か - 3.3 (本章での参考文献) - 第4章 集合 - 4.1 集合と写像 - 4.2 行き「もと」と「さき」が同じ写像 - 4.3 まとめ - 4.4 ノートの切れ端A - 4.5 部分集合 - 4.6 (本章での参考文献) - 第5章 Haskell - 5.1 型と値 - 5.2 関数 - 5.3 発展的な型 - 5.4 型クラス - 5.5 ghci - 5.6 まとめ - 5.7 ノートの切れ端B - 5.8 (本章での参考文献) - 第6章 休憩 - 第7章 用語 - 7.1 任意 - 7.2 存在 - 7.3 存在して一意 - 7.4 まとめ - 7.5 ノートの切れ端C - 7.6 (本章での参考文献) - 第8章 圏 - 8.1 圏 = 対象と射の集まり - 8.2 圏の具体例 - 8.3 まとめ - 8.4 ノートの切れ端D - 8.5 (本章での参考文献) - 第9章 出会い - 第10章 様々な対象と射 - 10.1 可換図式 - 10.2 対象の直積 - 10.3 対象の直和 - 10.4 ノートの切れ端E - 10.5 (本章での参考文献) - 第11章 関手 - 11.1 関手 = 圏から圏への対応 - 11.2 様々な関手 - 11.3 まとめ - 11.4 ノートの切れ端F - 11.5 (本章での参考文献) - 第12章 終わり - 第13章 (後書き)

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

※ 物理書籍版を購入すると、当本のダウンロードコードが付属します(巻末に記載)。送料が余分にかかりますが、お得です。 ## 紹介 女の子たちのゆるふわ、スタディノベル☆ 「数学……難しそう」「数学やりたいんだけど、手が出ない……」 『数学を全く知らない方』のための本です。 数学的な事前知識を全く仮定せず、最初から数学を学んでいくことができます。 - 数学って……? - 圏論? Haskell?? - どんなところが楽しいの? 読みやすい対話形式。 数学への初めての入門を、手引きします。 - - - - - サンプルpdfはこちら 👉 https://aiya000.github.io/images/posts/2019-03-16-techbookfest6/sample.pdf 内容チラみせ 兼 進捗ノート はこちらです 👉 https://shinchoku.net/notes/40263 - - - こちらは電子書籍の販売になります。 物理書籍をお求めの場合は、下記URLにアクセスをお願いします。 https://aiya000.booth.pm/items/1316747 - - - ## 目次 - 第1章 登場人物 - 1.1 η(えーた) - 1.2 μ(みゅー) - 第2章 (前書き) - 2.1 付録・Web正誤表 - 第3章 始まり - 3.1 せつめいするラボ - 3.2 圏論とは何か - 3.3 (本章での参考文献) - 第4章 集合 - 4.1 集合と写像 - 4.2 行き「もと」と「さき」が同じ写像 - 4.3 まとめ - 4.4 ノートの切れ端A - 4.5 部分集合 - 4.6 (本章での参考文献) - 第5章 Haskell - 5.1 型と値 - 5.2 関数 - 5.3 発展的な型 - 5.4 型クラス - 5.5 ghci - 5.6 まとめ - 5.7 ノートの切れ端B - 5.8 (本章での参考文献) - 第6章 休憩 - 第7章 用語 - 7.1 任意 - 7.2 存在 - 7.3 存在して一意 - 7.4 まとめ - 7.5 ノートの切れ端C - 7.6 (本章での参考文献) - 第8章 圏 - 8.1 圏 = 対象と射の集まり - 8.2 圏の具体例 - 8.3 まとめ - 8.4 ノートの切れ端D - 8.5 (本章での参考文献) - 第9章 出会い - 第10章 様々な対象と射 - 10.1 可換図式 - 10.2 対象の直積 - 10.3 対象の直和 - 10.4 ノートの切れ端E - 10.5 (本章での参考文献) - 第11章 関手 - 11.1 関手 = 圏から圏への対応 - 11.2 様々な関手 - 11.3 まとめ - 11.4 ノートの切れ端F - 11.5 (本章での参考文献) - 第12章 終わり - 第13章 (後書き)